20代での転職を成功に導く5つのポイント

もっとキャリアを積みたい。いまの職場に不満だ。転職を考える理由はいろいろあるでしょう。しかし何度も転職を重ねると自分のキャリアに傷をつけてしまうので闇雲な転職はお勧めできません。

 

でも転職するなら20代のうちが有利なのも事実です。将来のキャリアアップも考え、自分に合った職を見つけるのなら転職して良かったと思えるはず。一生に関わる大事な選択ですから慎重に考えつつも、チャンスは逃がさないよう思い切って転職活動を始めましょう!

1.まずは慎重な計画を!

もしも今の仕事が嫌だとしても、転職先が決まるまで退職してはダメ!

 

万が一希望の仕事が見つからなかった時のために今の仕事もキープしておきましょう。そして、今の会社を辞めるメリット&デメリット、自分のやりたい仕事と自分のこれまでのキャリアについて、とことん考えてみましょう。己を知る者が転職を制する者なんですよ!

 

【関連記事】

 

 

 

2.転職情報を収集する

仕事をしながら転職活動を始めるとなると、効率的に求人を探す必要があります。

 

ネット上でも求人検索ができる「リクナビNEXT」や「リクルートエージェント」など転職サイトに登録しましょう。エージェントに面談が必要なところでは土日や平日の夜の面談OKなところもあるから安心。同じ業界・職種以外でも、どんな求人がどれくらいの条件で出されているかもチェックしましょう。

 

【関連記事】

 

 

 

 

3.求人に応募する

興味のある求人が見つかれば積極的に応募しましょう。最初の関門である書類審査を通過させるためにも魅力的な履歴書を書きたいもの。

 

自己流では良し悪しが判りづらいので、転職サイトに掲載されている履歴書の書き方を参考にしたり、転職紹介会社の転職アドバイザーに確認してもらう手もありますよ。複数の求職者の中から一歩前へ出るためにも、ちょっとした工夫は必要です。

 

【関連記事】

 

 

 

 

4.面接を受ける

いよいよ面接に進んでも気を抜いてはいけません。転職後に後悔しないためにも、どんな企業なのか自分のほうでも確認しておきましょう

 

自分の魅力をアピールしつつも、会社ごとにあるカラーと自分があうか確認するためにも、ある程度は自分のキャラを出しておくのも良いでしょう。社内ですれ違った社員たちも観察して、この人たちと自分は一緒に仕事できるのか?よく考えておくと良いですよ。

 

【関連記事】

 

 

 

 

5.退職を申し出る

転職先が決まったら、早めに上司に退職届けを出しましょう。最低でも1ヶ月以上前には申し出たほうが引継ぎも上手くいきます。もしも転職先が同業他社であれば、前の会社の人とどこかでバッタリ会う確率も高いので、できるだけ円満退社を目指したいもの。

 

転職先は明かさず「家業を継ぐ」や「弁護士試験の勉強のため」など当たり障りのない理由を報告する人も多いようです。引き止められる場合もありますが、表面上は笑顔でやんわりと切り抜けましょう!

 

【関連記事】

 

 

 

20代の転職活動ならリクナビNEXT

最新の求人が目白押し!無料で利用できる人気転職サイト


トップページ 転職マニュアル おすすめ転職サイト