転職の際に退職を申し出るタイミングはいつ?

転職の際に退職を申し出るタイミングはいつ?

前回は「転職に最適な時期」を紹介させていただきました。
今回は、退職を伝えるタイミングについて紹介させていただきます。

 

一般的なタイミング

 

退職を現職に伝えるタイミングは、次の職場に入社する1か月前が目安とされています。

 

■1つめの理由は、履歴書の職歴欄に空白期間を作ってしまい今後、転職活動をする際に大きなマイナス要因となるからです。
次の面接で空白期間にしていたことを説明する必要が必ずでてくるため、現職の引継ぎ期間と有休消化を換算してブランクをつくらずにすむように日程の調整をするようにしましょう。
そのためには、転職先を決定し具体的な入社日を想定したのち、給料や保険関連にブランクをつくることなく退職する意志を伝えると良いでしょう。

 

■2つめの理由は、仕事の引継ぎや同僚を始めとする業務上の関係者に迷惑にならないように退職することが基本となるからです。
常識の範囲でも1ケ月前に申し出るようにしましょう。
具体的には、仕事の引継ぎを考え、現職のお給料日に合わせて1ヶ月前に退職願いを渡し「退職の意思表示」をすると、話しづらい状況でも自身を鼓舞して「会社を辞めたい」意志を貫くことができます。

 

注意点会社の就業規則を忘れずに確認しよう
実際にはそれぞれの会社の就業規則によって、退職日の何日前に伝えなければならないと規定されていますのでそれに従います。

 

法律上でのタイミング

民法上では、退職したい日の2週間前に退職する意志を申し出れば良いと定まっています。
退職の申し出をしても会社から引き止められた場合には、民法上では退職届を出してから2週間すぎれば雇用契約が解除できると決められています。

 

もしも会社に引き止められたなら…

  • 引き止められた場合は、自身の優秀さや実績・経験が認められての引き止めなのか。
  • 後任を探す手間やコストを省きたい、上司の都合なのか、冷静に考えてみましょう。
  • 考えなおす最後のチャンスでもあります、自身の意思をしっかりと確認することが大切です。

 

まとめ

同じ業界の会社で働く場合には、人間関係は以外と狭く、必ず誰かがどこかで誰かとつながっているので、民法上は問題がなくても会社に迷惑をかけるような自分勝手な退職をすると業界で噂として広まり、仕事をしていく上で支障がでることもあります。
事を荒立てずに円満退職できるように上司とよく話し合って退職することも必要です。

 

気をつけて欲しいポイント

すでに転職先が決まっている場合には、転職先に迷惑がかからないように、次の職場の会社名や住所、業務内容などは現職に伝えないことが鉄則です。


トップページ 転職マニュアル おすすめ転職サイト