転職活動は在職中・退職後のどちら?

在職中の転職活動

在職中に転職活動を行うメリットとしては、当座の生活には困らないので、長期計画で希望条件にマッチする求人を探すことができることがあげられます。

 

他社に面接に行くことで、現在の勤務先の良さに気付いて、転職活動を辞める20代もいるので、自分のキャリアを振り返ったり、キャリアビジョンを再構築するために、転職エージェントなどに相談に行ってみるのも一つの方法です。

 

また、自分に付加価値をつけるために、現職で成果をあげるなどの準備にも役立ちます。現職で重要な役割を担っているのであれば、なおさら在職中の転職活動の方がメリットが出てくるでしょう。

 

ですが、20代の場合、上司や先輩の仕事の都合で時間が自由になりにくかったり、企業研究や応募書類の作成に十分に時間がとれないことも考慮してください。これが在職中に転職活動を行うことによる最大のデメリットとなりそうです。

 

 

退職後の転職活動

厚生労働省が「わかものハローワーク」を設置して、第二新卒や若者の正規雇用支援を行っているように、退職後の転職活動をサポートしてくれるところがたくさんあります。

 

自分の適職について考えたり、転職に備えてスキルや資格を取得するなど、退職後の転職活動は、付加価値づくりも含めて、計画的に行いやすいです。一つの会社に行動を縛られていないことによって多くの時間を確保でき、それを転職活動やそれに繋がる活動に時間を割くことができる、これが退職後に転職活動を行うことの最大のメリット。

 

ですが、退職日から日が経つにつれて、履歴書や職務経歴書のブランク欄が長くなり、書類選考にマイナスな影響を与えることもあります。全く目処が立たない状態で足早に退職してしまうのは避けた方がいいのかもしれません。

 

 

在職中か退職後かを決めるポイント

在職中と退職後のどちらに転職活動を行うべきか、これは単純にそれぞれのメリットやデメリットを知っただけでは決めることができないのかもしれません。自分のこととも照らし合わせて最終的な判断を下すべきでしょう。

 

・現在の職場でどのような立場におり、どのような仕事・プロジェクトに携わっているのか
これは一つ大きなポイントとなるはずです。重要な役割を担っているのであれば簡単に辞めるのは勿体ない。且つ、そういう人の場合にはその役職や仕事を引っ下げて転職活動を行った方が、採用担当者に与えるイメージをアップさせることができるはずです。

 

・自分の市場価値をチェックし、それが転職市場においてどの程度のものなのか
転職活動を行う時には自分の市場価値を判断してから企業を選択したり応募書類を作成したりなどしなければなりませんが、市場価値が高ければ転職活動完了までの期間も比較的短くなると予想されるので、思い切って退職してしまってもいいのかもしれません。

 

・性格的に一つの物事にしか集中できないのか、それとも器用な方なのか
もし同時に様々なことがこなせないのであれば、転職活動に集中するために退職するというのも考え方の一つなのかもしれません。

 

また、本気で転職する気があるかどうか、この点も非常に重要。本気なのであれば、会社を辞めずとも転職活動を続けていくことは可能なのではないでしょうか。

 

 

 

【関連記事】


トップページ 転職マニュアル おすすめ転職サイト