いつ転職する?転職は20代にしておくべき本当の理由とは?

今の時代、転職は珍しくなくなってきています。「20代の内に一度は転職しておくべき」ともよく言われますが、それはどうしてなのでしょうか。そんな転職を考えたら知っておきたいポイントについて見ていきましょう。

 

20代で転職するメリット

吸収の早い20代の内に転職をしておけば「他の会社のやり方を学ぶことができる」という利点があります。それだけ効率の良い仕事の仕方をしていけるだけでなく、将来独立する際にも役立つのです。

 

また、20代の転職はかなりハードルが低いこともポイントです。20代の転職であれば転職後にキャリアが上がるということも起こりやすく、しかも転職求人数自体も豊富。そのため、転職先が選びやすくなっています。

 

人脈が広げられるというのも大きなメリットです。こうした他の会社の人との人脈は早い内に作っておくほどに役立ちますが、そのためにも20代の内に転職しておくことがおすすめです。

 

20代ならば異業種転職もしやすい

異業種転職のしやすさも20代で転職をしておくべき理由です。20代であれば異業種転職をしても問題ないことも多く、キャリアにキズがつかないで済ませられます。

 

そのため

  • 「今いる業界に不満がある」
  • 「もっと違う業界を見てみたい」

といった際にも、20代でなるべく異業種転職をしておくべきなのです。

 

これが30代になると一気に選択肢が狭まるだけでなく、基本的に管理職としての転職になりますから、その業界の仕事をすべて知る事ができないということにもなりかねません。また、20代であれば新興企業などへも転職しやすいといった利点も見逃せないでしょう。

 

もしも20代で転職をしないと?

このように、20代で転職をするのはおすすめですが、20代で転職をしないと思わぬ不利益を被ってしまうこともあります。

 

「転職」に大してその実態が解らないままになってしまう

何事も自分で体験するのが一番ですが、一度でも転職をしておけば「転職とはこういったものなのか」と直接的に理解することができます。逆に一度も転職をしないと、転職者の後輩が来た際などに「転職者はどういったことを考えているのか」といったことが解らなくなってしまうこともあるのです。

 

転職が怖くなってしまう

同じ会社にずっといるとそれだけ現状に満足してしまい、他の会社に行くのが怖くなるという人がかなりいるものなのです。

 

このように転職が怖くなってしまうと、今いる会社が傾いてきた時に「転職をしてよりよい会社に移る」といった選択が取りにくくなります。最悪の場合には会社と一緒に運命をともにするなんてことにもなりかねないのです。

 

「転職スキル」が身につかない

転職には志望動機の書き方や独特の面接スキル、仕事の見つけ方など、色々と必要となってくるスキルがありますが、転職をしないとこういった転職スキルも身につけられません。それだけ後々転職する場合に負担が大きくなるといったことになりかねません。

 

20代で転職するメリットは他にもある

20代で転職をしておくべき理由として、「給料の低下が少ない」こともその一つです。転職によって給料が下がることがありますが、20代であればこういった給料の低下額も少なくなっています。

 

一方、30代で転職をするとこういった給料の低下額もかなり大きくなってくることがあるのです。また、ポストが下がることもありますが、20代であればポストの降下率も少なくて済みます

 

こういった給料にせよ、ポストにせよ、低下額・降下率が大きければ大きいほどにショックも大きいもの。だからこそ、転職が失敗した際のダメージを少なくできる20代転職がオススメなのです。

 

リカバリーもしやすい20代転職

20代転職はリカバリーもしやすいのも利点です。もしも予想していた職場出なかった場合でも、転職求人が豊富ですから、他の職場に簡単に移っていくことができます。こういったことは20代ならではであり、活用しておきたいメリットなのです。

 

まとめ

20代転職にはメリットが多いものですが、だからこそ早めに転職を経験しておく事が大事です。ある程度就職した企業で経験を積んだら、転職を考えてみるのも良いでしょう。もちろん、いつまでも同じ会社にいるという選択肢もありますが、それだけの価値が有るのかどうかしっかりと見定めることは大事です。

 

20代転職をすべき理由とは

  • 転職求人が豊富
  • 人脈が作れる
  • 他の会社のやり方を知ることができる
  • 失敗してもリカバリーしやすい

トップページ 転職マニュアル おすすめ転職サイト