退職・入社

退職・入社記事一覧

円満退職でリスクを回避する

退職の仕方は転職の成否にも影響を与える20代の転職者の中には、内定をもらったら、それまでの勤務先の都合も考えずにいきなり「退職届」を提出したり、電話やメールで「辞めます」と一方的に宣言して、出社しなくなるという非常識な男女がいるようです。退職する意向は退職日の2〜3か月前に直属の上司に伝える必要があ...

≫続きを読む

退社の理由をどう伝えるか

慰留しにくい退社の理由を用意して話す退職の意思を伝えるのは、まず直属の上司になります。このとき、いきなり「退職願」や「退職届」を渡すのではなく、あくまでも相談という形で、退職の意向を伝えることがスタートになります。

≫続きを読む

入社を決めるチェックポイントとは

内定連絡後、最終判断をするために内定の連絡があっても、あなたがそれを受諾しなければ、採用決定にはなりません。入社後のミスマッチを避けるためにも、入社するか否かを決めなければならないのですが、できるだけ内定を受諾する前にその決断を下すようにしましょう。そこでチェックしたいポイントとしては、実際の仕事内...

≫続きを読む

20代で退職の引きとめにあったら

会社から引き止められる理由20代の社員に対して、企業はある意味教育を担っており、その他の年代の支えがあるから、実績があがらなくても成長を待てるという側面があります。これは、20代の社員に対し、企業が投資をしている状態であるということで、だからこそ、回収ができていないと感じた場合、退職を申し出ても引き...

≫続きを読む

20代の電話応対克服法

電話応対の基本を身に付けよう20代の社員の中にも、電話応対を苦手とするひとが少なくないようです。電話ではなく、メールでコミュニケーションする機会が多い世代であることや、敬語の使い方に自信がないなど、原因はさまざまでも、仕事をするからには電話応対を避けて通ることはできません。電話応対には基本的なマナー...

≫続きを読む

法律的に認められる退職時の有給消化と、社会人として時に認められにくい有給消化

基本的には認められる退職時の有給消化労働基準法には、年次有給休暇に関して、その日数を取得するための条件と、それが労働者の権利であることが示されています。つまり、法律に照らし合わせれば、既に取得することが認められている日数分の有給休暇は、それが退職時であろうと、請求し取得・消化することが可能なのです。

≫続きを読む


トップページ 転職マニュアル おすすめ転職サイト