20代におすすめの転職サイトまとめ

20代向け転職サイト人気ランキング

リクナビNEXT[20代にお勧めの転職サイト]
詳細
★★★★★
転職希望者の9割が利用する人気転職NO.1サイト

 転職サイトの中では求人数が特に多く、職種も豊富に掲載されています。実際に20代で転職に成功した方の意見も見ることができるので転職活動の参考にもどうぞ。

1分程度で終わる会員登録を行うと、スカウト機能を始めあなたにおすすめの求人を一覧表示したり閲覧履歴の保存など、さらに効率よく求人を探せる機能が使えます。

簡単無料登録公式サイトはこちら みんなの口コミ詳細はこちら
利用者の声
スマホで転職情報を探せるサイトを探していたらリクナビNEXTのアプリを見つけた。早速インストールして試してみたらなかなか見やすく操作もしやすかったし、これで転職活動が効率的に進めそうだ。(20代 男性)
以前転職をした友人はいろんな転職サイトに登録して使い分けてました。やっぱり多くのサイトを使ったほうがいいのかなぁとも思うけど、整理が苦手なので情報量が一番多いここを使ってます。どこを使うか迷ってる方はとりあえずここをお勧めします。(20代 女性)
リクナビネクスト、結構使えるね!  自分が助かったのは求職情報以外のコンテンツの充実しているところです。 自分みたいにまだそれほど沢山の職歴が無い者にとっては転職には悩みが多いんです。 だけど、同じように転職活動をしている人がどんな事を考えているかや、どんな風に成功したのかなど非常に参考になる記事がたくさん紹介されていて、それがかなり使えたと思う。 途中でくじけそうになった時もかなり助けられた。 一緒に就活をしているライバルというよりは仲間という感じで随分と気持ちがラクになれたのは良かったと思う。 (24歳 男性)
実際に求人は多いけど利用者も多いからライバルが多そう。リクナビNEXTをメインにして他の転職サイトにも登録しておくといいかも。(40代 女性)
皆さんと同じように私もいくつかの就活サイトに登録しています。 リクナビネクストの特徴って色々あると思うのですが、スゴイのは自分のレジュメを登録して企業からのスカウトが待てるのです。 待っている間にはもちろん就活も平行していますが、どんな企業から検索されたかも分かるので何だかドキドキしますね。 また、それが点数になってランキングまで出るというデータの解析力ってリクナビネクストならではの良さなのではないでしょうか? 自己分析ができるという意味でもこのシステムは大いに活用できるとおもいます。(年齢非公開 女性)
驚いたのはレジュメ登録をしておいてスカウトを待っている自分に、考えてもみなかったような企業からの連絡が有るという期待が出来る事。 ・・・ってまだ登録したばかりなのだけど、色んな可能性を秘めているって事はこれまでのマンネリの考え方を変えられるかもしれない。 それから、掲載されている企業以外の非公開情報が有ってその企業から連絡をもらえるかもしれないという点にも少し期待をしている。 まだ20代の自分にしてみればあまり妥協をせずにじっくりと決めたいと思っているからだ。 情報の質も結構幅広いから、自分を見つけてもらえるチャンスは大きいと思う。 (26歳 男性)
大手転職サイトだけあっていろいろ情報が多いのはいいんだけど利用人数が多すぎて会社説明会の予約すら取れないことがしょっちゅうあります。人気ゆえの弊害ですねぇ。(年齢未公開 男性)
便利だし転職活動がはかどってるのは事実ですが、未だに内定をもらっていません。なので評価は普通。(20代 女性)
DODA
詳細
★★★★
全国主要都市に事業拠点を持ち、全国の大手企業からベンチャー企業、隠れた優良企業まで約1万社の企業情報を取り扱っています。そのため、人事と密接なリレーションができているため他社では探せない求人を取り扱っています。多くの転職者の支援をしてきただけではなく、企業の採用課題を解決してきた実績があるため、多くの人に利用されているサイトといえます。
みんなの口コミ詳細はこちら
利用者の声
リクナビも使ってるけどこっちも大手だけあってしっかりしてる。自分一人で転職活動って相当計画性ないとナァナァで終わってしまうからアドバイザーに相談すると自分を追い込める(笑)(20代 男性)
こっちも本気で転職考えてるってのが伝わるとしっかり働いてくれます。キャリアアドバイザーの質は一番かも。(年齢非公開 男性)
20代半ばではじめての転職を考えた時に、大手のDODAに登録をしました。転職市場価値を診断してくれましたが、思ったより高く出たのをきっかけに本格的に転職を決意。同業種でもっとランクアップした企業を狙おうと軌道修正して転職活動をスタートしました。担当さんからも定期的にメールがきて転職活動の進捗を相談したり、最後まで丁寧な対応で大満足です。
20代ですので、未経験職種でも大丈夫かと思って転職活動を始めました。DODAは前から知人がいいよと言っていたので登録しましたが、求人検索のキーワードに「未経験者歓迎」とある求人を中心にピックアップしてDODAの担当さんに相談をさせてもらいました。一人で何もかもやろうとしたら大変だったろうけど、DODAは必要な時はいつでもアドバイスがもらえるので良かったですね。
DODAの他にも転職サイトへは登録していたけど、簡易事務しか経験が無くて、キャリアが浅いというか、市場価値が低いと判断されたためか?あまり特別な転職支援はしてもらえませんでした。しかし求人検索は初めてでも使いやすいので、登録をして損は無いと思います。
求人検索して応募してみたい会社があったのでDODAに連絡をすると、担当からエントリーの前に会いたいという連絡が。面談に行ってみると、遠回しにあなたはスキル不足で難しいと言われました。なんか感じ悪かったです。
リクルートエージェント[人気エージェントの定番!]
詳細
★★★★
転職エージェントのド定番サイト。

約30万人の転職成功実績を持つ、歴史と確かな経験を持つ定番エージェント。どの業種も対応できる使い勝手の良さと全国主要都市に16箇所の拠点を持つ対応地域の広さで手堅い人気。

みんなの口コミ詳細はこちら
利用者の声
30代を目前にして、“今のままの自分でよいのだろうか、もっと別の会社ならやりがいのある仕事ができるのでは”と考えてリクルートエージェントに登録をしました。面接では担当さんから丁寧に話を聞いてもらって、客観的な意見を聞きました。まだ若いほうだし、経験もそれなりにあるので、今よりも良い年収の大企業も期待できると聞かされて俄然やる気がでました。リクルートエージェントの担当さんは定期的に電話をくれたので、転職意欲もくじけないで済みました。(20代 男性)
転職を思案していましたが、在職中でしたので平日にハローワークに通うことはできず、転職エージェントに数社登録をしてみました。すぐにリクルートエージェントの担当さんから電話連絡が入ってきて、面接になりました。面接ではこちらの希望条件や実務経験について根掘り葉掘り聞かれて、転職先のマッチングに最大限努力をしているという感じでした。紹介される会社は業界の中で成長を見込まれている実力のある会社が多かったです。)
リクルートエージェントの他数社に登録をしましたが、リクルートの担当さんは普通という感じでした。特に他社と差は感じなかったです。リクルートエージェントは保有求人件数は群を抜いているという印象でしたが、担当さんが紹介してくれるのは自分にとってぴんとこない会社が多かった記憶があります。でも結果的に満足のいく転職先が見つかったのでよかったです。
Geekly(ギークリー)[IT系専門のベテランエージェント]
詳細
★★★★
IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェント

業界に精通したエージェントと10年間積み上げてきたノウハウによるマッチング率の高い案件紹介が評判のエージェント。東京付近の求人に強い。

みんなの口コミ詳細はこちら
利用者の声
エンジニアとしてのスキルを伸ばせる会社に転職したいと考えてギークリーに登録しました。半年ほどかかりましたが、ギークリーの担当さんは他社転職エージェントの社員と異なり、ITの理解もありいつも自分を買ってくれたので、モチベーションを維持できました。
「web業界に転職したい」という希望があったので、ギークリーに登録をしました。前職はwebに携わる部署ではあったものの、ガッツリIT専門企業というわけではなかったので難しいかなと思いつつも面談。ギークリーの担当の方に「あなたのスキルならいけますよ!」と背中を押され、4社ほど受けて、やる気を買ってくれる会社に出会い無事内定しました。感謝しています。
ビズリーチ[高年収求人に特化]
詳細
★★★
高年収・ハイキャリア向けに特化した求人サイト。

掲載されてある求人は高年収帯ばかり!20代には少しハードルが高いかもしれませんが、キャリア街道まっしぐらの方にはうってつけ。完全無料がほとんどの求人サイトばかりの中で、珍しく有料プランが用意されてあります。もちろん、普通に使う分には無料でも利用可能。

みんなの口コミ詳細はこちら

 

20代で転職は時期尚早?

20代で転職ぅ?
何言ってるんだ。まだ数年も経っていないのに仕事の何がわかるんだ!
根性がないんじゃないか!他の会社よりウチはマシだぞ!甘えてるんじゃないのか!石の上にも三年!まず続けてみろ!

 


…はい。



20代で転職を考える若者にありがちなワンシーンです。上司の言い分は一理あります。一理ありますが…20代という若く、かけがえのない貴重な時間を"様子見"に費やしちゃっていいんでしょうか。

 

当サイト管理人の私自身もこのような状況で長く葛藤してきました。確かに、仕事を続けることで仕事の楽しみが見いだせるかもしれない。会社の業績が上がって給与も上がるかもしれない。何かが良い方向に転ぶかもしれない…。

 

これって全部、"かもしれない"ばっかりじゃないか

 

転職することで良くなるかもしれないし、今の仕事に残り続けても何も変わらないかもしれない。20代の時間というのは今しかないんです。30代、40代の上司は経験則から、あるいは親心的な良心から「数年続けてみろ」というでしょうが、すでに年老いた上司たちの数年と私達20代の数年では重みが違います。

 

今は今しかないんです。転職することで何かを失うこともあるでしょうが、転職しないという決断もまた、転職で得られた"かもしれない"別の可能性や、チャンス、時間を失います。


 

20代は未来を夢見て転職する

 

20代の転職理由グラフ

データ出典:DODA

DODAによる20代の転職理由アンケートです。「給与の不満」「残業が多い」「将来性が不安」といった、現状に対する不満が理由に来るのは当然のことですが、それらを抑えた転職理由の1位が「他にやりたい仕事がある」です。

 

まだ社会に出てばかり、働き始めたばかりだからこそ、自分の適性がわからないのは当然のこと。もっと自分に合う仕事があるんじゃないか、今の仕事を続ける自分は何か"違う"んじゃないか?

 

これらの期待ももちろん"かもしれない"の範疇であり、転職することで自分の希望が叶うかどうかはわかりません。ただ、現状に不満があるのであれば行動を起こしてみないと何も変わらないのもまた事実です。

 

 

20代はいくらでもやり直しが効く年齢

 

20代はまだやり直しが効きます。転職需要も一番高い年齢層です。一番チャンスにあふれている時期と言っていいでしょう。事実、リクナビNEXTのスカウトランキングは20代ばかりがずらりと並びます。これが30代となってくると話は変わってきますから、"転職のリスク"ばかりを考えず、"転職しないことのリスク"も考えてみて欲しいと思います。

 

アツく語ってしまいましたが、当サイトでは私が利用してきた転職サイト・エージェントサイトの中から特に使いやすかったものに焦点を当てて紹介しています。少しでも行動に移してみることで意外なチャンスと出会えることもありますから、転職前の当時の私のように「試してみるか」という気持ちを大事にして欲しいですね。

 

 

 

20代の転職者に求められているものは?

20代で転職をお考えの方、割と多いと思いますが、あなたはどういう理由から転職したいと考えたのでしょうか?

 

キャリアアップのため、今の会社に不満があるのでもっといい会社に、もっといい待遇に、という、「現状より高いモノ、高い待遇、良い条件を求める」といった方が多いと思います。ただ、不景気の今、そう簡単に今より良い待遇にすんなり転職って決まる訳ではないですよね。基本的に、「良い待遇=高い能力が求められる」ということもありますし、20代、まだ若いうちに転職を考えている方、割と多かったりします。
その中で他の方より一歩先んじるというのは、なかなか難しいことです。求められるものが、新卒採用の時とは異なりますから。

 


では、20代の転職では何が求められるでしょう?もちろん、業種ごと、会社ごとによっても異なりますが、今、ほとんどの企業がスキルよりも、「どんな状況でもへこたれず、他人を引っ張って、仕事をとってくる能力を持っている人」を求めています。考えればそのとおりですよね。

 

世間は不況の真っ只中、「仕事自体が無い」「利益を得られる仕事が少ない」場合が多いですので、「仕事を上手くこなせるスキル」よりも、「どんな状況でも、仕事を確保でき、利益を確保できる能力・仕事を探せる能力」を、多くの会社が求めています。

 

そのスキルは、仕事をこなすスキルよりも難しいです。なぜなら「無から有」を生み出すどころか、世間が不況ということも考えれば、「マイナスから有」を生み出す能力を求められていますので。ただ、なかなかそこに着目している応募者は、20代では少ないです。

 

もし他業種へ転職を考えられている方、もっといい条件で働ける会社を探していらっしゃる方、そういう方は転職の際、面接などであなた自身の「どんな状況でも仕事を確保できる能力・仕事を探せる能力」をアピールしてみてはいかがですか?

 

20代の転職の進め方

20代で転職を考えている方は、たくさんいらっしゃると思います。せっかく企業に採用されても、思っていたような企業ではなかったり、希望の仕事に就けなかったりと、20代で苦労することもたくさんあります。学校で専攻していた技術に関係のない職場に配属されることもあります。

 

希望の企業に就職したはずなのに…ということも多々あります。20代で転職をすると、収入の増減幅は小さいですが、20代後半になると、大きくなります。IT・通信業界へ転職した25歳から39歳のエンジニア202人の中で、「年収が増加した」と答えた人は全体の63%です。ネットワーク設計や、システム開発など、ソフト系技術者においては、年収の平均増加額が高いです。特殊技術が求められる職種の方が、転職を年収アップにつなげるチャンスは多くなるということが言えるでしょう。

 

通信インフラ設計・構築(キャリア・ISP系)の方が、ネットワーク設計・構築(LAN・Web系)よりも、年収アップの期待ができます。20代での転職のリスクは、年下の先輩との競争環境に身をおくこととなります。20歳代は、この会社で頑張ってみるという決心ができるているなら、転職リスクは低減します。

 

20代で転職するなら、年下の先輩や、他者に負けない技術力を身に付けていることも大事です。転職活動するにあたり、仕事との両立もあるので、今まで以上の精神力と体力が必要です。希望の職種の情報集めをして、転職を成功させるための計画を立てます。

 

いつ頃から、どのようにして…など、細かな計画を立てます。資格などの取得の費用や、期間なども計画します。転職を応援してくれるサイトもあるので、転職探しのサポートを利用したり、面接の受け方、書類などの書き方など、利用できるものを上手に使って、転職活動を進めていくことが転職の勝利を間違いなくつかめます。


トップページ 転職マニュアル おすすめ転職サイト